結ばる焼け跡
本日発売の週刊漫画ゴラクにて
特別読み切り『結ばる焼け跡』が掲載されております!


雑誌の表紙に使ったカット白黒写真バージョン
一応下の人が主人公です

雑誌の表紙用にカラーイラスト描いたんだけど、
ほんとは当時の日本製カメラで撮ったようなキツいコントラストの白黒写真みたいな感じにもしたかったのでそんな風味
他にも白黒映画のスチルバージョンもあります ええ 自己満です



あんまり信じてもらえないのですが、ずーーっとゴラクさんには憧れていまして いつか大御所になったら連載してみたいな と思っていたので
大御所には程遠いちり紙程度の分際ですが 今回本当に一緒に仕事が出来てよかったです
思ったより雑誌に馴染めていたのでほっとしました

そうわたしは結構長年モーツーに馴染めないという悩みを抱えておりまして
最近はもうどーでもいいのだけど
バーズ時代もなんだか一人でお堅いのやってなんとなく雑誌に馴染めてない感じだったのでね…

男塾と並ばせてもらえる日が来るとは思わなかったです…ほんと恐れ多いです 嬉しい 
そして毎週楽しみに読んでるのに今号は自分の漫画があるから恥ずかしくて読めない モンキーピークの続きが読みたいんだわたしは…


ゴラクの担当さん(男前なのにわりと変人)から初めてお声掛けいただいたのは2年以上前のことなのですが、
声をかけて下さったキッカケっていうのが忘れもしない
未完成原稿を間違えて雑誌に載せられた事件でブチ切れたわたしが怒り狂って書いたブログを読んで「コイツおもれえ」て思った事だったらしく
わりと嫌われてるこの赤裸々ブログも仕事に繋がるもんなんやな と感動したものです
あとやっぱ頭おかしいなあそこの人たち

そこから何かとタイミング合わず 今日まで時間がかかってしまいましたが
やっと一緒に仕事が出来て本当に嬉しかったです 
このブログを見てる人って9割AO!!のファンの方だと思うのですが スポーツ漫画好きの人が受け付ける話かも分かりませんし ゴラクの読者層に合うのかも分かりませんが 一生懸命描いたのでよかったら読んでみてくださいね
本当に好きなものを好きなようにめいっぱい描かせて頂きました ほんと楽しかった…
背景作画してくれたスタッフさんも「ヤベーヤミ市描くの楽しい」て言ってくれた いつも学校ばっかだからな…


戦後 空襲で焼け野原になった東京で一人の少年と一人の復員兵が出会う話です

戦後のヤミ市が舞台でテーマは渋いといえば渋いのですが、内容はそんなに難しくないわりとサラッと読める、というかいつもの雨瀬の漫画なので
雨瀬の漫画の雰囲気好きだよって人は是非読んで下さいね

倫理以上にいつ単行本になるか分からないので是非〜 
よろしくお願いします




本当はもっっっっとねちっこく絵を描きたかったのだけど 時間が足りなかった…
ただわたしはスーツ萌えはありませんがサスペンダー萌えがありますのでそこはふんだんに楽しませて頂きました
スーツアクションといえばスパルタンXなのでスパルタンXの戦闘シーン模写して練習したりしてな…
(ちなみにサスペンダー萌えに落ちたのはこの映画が原因です)

ひさびさにアクション描くの超楽しかったです あと30ページくらいアクション描きたかった
スポーツはアクションではないしね 倫理なんか一番アクションから遠いですしね



この人たちの話はほんとは連載向きなので いつか連載をしたいなんて願望もあります
おっちゃんの話をちゃんと描きたいです あ おっちゃんと言われてるけど20代です

あと今回頑張ったのは10歳の表情をしない10歳を描くことでした 昔の子って栄養足りないから小さいんだけど異様に大人っぽい印象あるんですよね そんな感じ





ちょこっとどうでも話

わたしはどうしても 偏屈で堅物でまっすぐで どうしても世の流れに沿えない不器用な人が好きなようで
今回の兼吉や 以前描いた『帝国の花』の立木みたいな人を愛してしまい つい描いてしまいます
本当に好きなんだよなあ帝国主義を捨てることが出来ない堅物軍人が…
愛しい て言葉が一番的確なんですよね 
そう言うと右とか左とかおもわれがちなのですがそうではない 思想が好きなのではなくその時を生きた人たちが好きなんです

きっとそれは自分がそういう不器用な人間だからだと思います そしてきっとそんな不器用な自分を助けてくれる存在が欲しいのでしょうね
AO!!だと赤山と籠もそういう関係なのかもしれない そしてその助けてくれた人も実は全然完璧な人間ではなくて
救ったことで自分も救われていたりする
そう思うと雪シマの彦と雪もそんな感じですね…雪が不器用のほう


あとはそうだな 最近ずっと倫理の勉強もしてるので改めて「生きるとは何か」みたいなことずっと考えている
ニーチェは生きることに何の意味も目的もないという事を言っていたけれども
今年はじめに描いた倫理の読み切りのほうで 人間は他人にとってはどうでもいいような些細な理由で自ら命を断ってしまうということを描いて
今回の読み切りでは 他人にとってはなんの意味もないただの土を頼りに生きようと思う みたいな事を描いて
自分的にはそれはどちらもとてもリアルな事で
ニーチェの話もすごく正論だと思うのだけど でもやっぱ人間には何か生きることの意義みたいなものがないと自然と死んでしまうんじゃないかなあと思った
まあそれで死なないのがニーチェの言う「超人」なのかなって感じなんですけど すみませんおとといニーチェの話読んでへえーって思ったばっかのにわかなので適当こいてる

それと最近は改めて日本人観みたいなのを考え直す機会が多くて
めちゃくちゃ日本人のものの考え方捉え方風俗みたいなものについてすごい色々考えているんですけど
でもここで描き始めるとすごい事になってしまうのであんまり書かないけど
戦後から本格的に科学の時代に入ってしまって、色んなことが「非科学的である」とバッサリ切られる科学主義時代になってしまって
だからこそ科学主義になる前の もっと神様が身近にいた頃を最近すごく羨ましく思ってしまいます
とくに日本にはそこらじゅうに神様がいて 多分どの民族よりも色んな神様を生活の中で感じていたはずなのだけど
しかもその神様っていうのも誰かが作りあげたキャラクターじゃなくて
下手したらそこらへんに転がってるただの石とか ちょっと立派な流木とか神様に仕立て上げていたりするじゃないですか…
信じる宗派がなくてもありがたい説法とか全然分かんなくても なんとなく手を合わせて今日も一日守って貰える様お祈りする
顔も知らないどんな人だったかも分からないのに とりあえずご先祖様にお祈りする みたいなの
改めて不思議だな〜 素敵だなあ と思います

そういうのもっと描きたいんだけどなあ 平成が舞台じゃなかなか描けないのだよな
でもむりやり描いたのでAO!!のおまじない話はお気に入りです

なんでもかんでも「科学的に証明されてない」て言う人がほんと多いのでな最近 科学教の人だ 無宗教ですとか言ってるけど科学教だあなたたちは!(六法全書を片手にビン底メガネを中指であげながら)


今の人たちがどう思うかは知らないけど軍歌「同期の桜」の春のこずえに咲いて会おう とか凄く好きなんですけど
彼らは神様なので その神様が「これを私と思いなさい」と言ってくれたのだからそうなんじゃないのって思うのだけど
またこれを言うと右とか左とか言われるんだよな やんなっちゃうな
そして靖国神社はまんまと靖国の桜をレジンみたいなので閉じ込めて売ってるしな 商魂逞しいな本当に!つい買ったけど かわいかったので


あれ何の話だ…
いろいろとっちらかってしまった すみません 言いたいことがいろいろあった

最近はいろいろ考えながら漫画を描くようになってしまいました 大人になったね





ああ〜〜〜そんな感じです 
今月のAO!!も倫理も終わってないのでこのへんで

うわーー原稿落ちないといいな〜〜〜ロックマンやってる場合じゃない〜〜〜〜


みなさんいつもコメントありがとうございます ゴラクってもっと超メジャー誌だと思ってた〜



job - trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amejio.jugem.jp/trackback/160
<< NEW | TOP | OLD>>