ここは今から倫理です。第3話


本日発売のグランドジャンププレミアムにて『ここは今から倫理です。』第3話掲載されております

隔月だから〜隔月だから〜ってラクチンに思ってたけど全然ラクチンじゃないですね 
毎回ネームが大変でひどくてんてこまいだ…


先月がかなり難しいお話だったので今回はちょっぴりライトめです

でも相変わらず、哲学者の言葉を自分なりに噛み砕き、現代の子供たちの気持ちに沿わせるのが結構大変で
それがこの漫画を描く上で一番楽しいとこではあるのだけど、カロリーめっちゃ使います 楽しいけど大変だ!

どんな映画を観させてやろうかと一瞬悩んだのですが
『雨に唄えば』たまたま家にDVDあったから描きました が、ほんとにいい映画なので
知らない方いたらぜひ観てほしい〜
映画好きが観たら「ちょうドストレートやん!」て思うかもしれないけど
ここであんまりにもマニアックな映画出してもクサいだけなのでね そして結局ドストレートがいいのですよ

最近ずーっと雨降ってるからちょっとウンザリしてる方多いと思いますが
こないだドシャ降りの夜に外歩いてるとき「Singin'in the Rain」聴いたら死ぬほど楽しかったのでオススメです
小粋なタップ踏みたくなるよね〜 踏めないから千鳥足みたいになるけどね


あと担当とこのあいだ「最近の若者は電話が出来ないらしい」という話で盛り上がったのでそんなのも
ちょっと前にネットで話題になった、「若い新入社員が会社に来る知らない人からの電話に出るのが嫌すぎて会社辞めた」とかいう話 辞めてないかもだけどなんかそんな話あって
いやあちょっと考えられないねーって話をしていて
担当は「最近の子は電話する前にラインとかで『今から電話していい?』て聞く」てのにも凄い驚いたらしくて
あ、でもそれはわたしも学生のときはしてたかもな て感じでしたけど笑

でもみんな意外と聞かなくても電話すればふつーに出てくれるんだなって気付いたのでもー最近は突然電話するけど

気持ち分からなくはないのですけどね
わたしもやっぱり友達以外、目上の人とかに電話するのは結構緊張するので…
なんで緊張するんだろう?緊張するのもなんか不思議ですよね 
でもちょっと思うのは電話ってほんとに2人きりじゃないですか 広い部屋に2人きりよりも、電話って2人きり感強いんじゃないかなって思いました
あと「なんか喋らなきゃ」って焦りがね… 受話器って喋るためにしかないからね それが強迫観念のように感じたりするんでしょうかね





なんてまーなんかいろいろごちゃごちゃ考えながら描きました
電話中のシーン、ひとこまくらい先生側の絵も入れようかと思ったけど
向こうの様子が分からないから電話って緊張すんだよなって思ったのでやめました

あとそんなに先生のプライベートシーンはたやすく見せないのです!
てかあと思い浮かばなかった 先生の家での様子が全然想像つかなかった どんな部屋で寝起きしてるんだろうな…



そんな感じです
今回のプレミアムは黄金時代のジャンプが帰ってきた感すごいのでそっちのほうが100倍面白いので
そっちのついでにぜひ!グラジャンプレミアム本誌をよろしくお願いします〜

徳弘先生大好きなので…ちょうおそれおおい…
今月はあこがれの大御所先生と肩を並べる機会に恵まれすぎて幸せです でへ がんばろ




時期はまだ言っちゃいけないっぽいので言えないですけど倫理、単行本出してもらえることになったので
楽しみにしててもらえると嬉しいです!
売れなくちゃまた途中で終わるので、アンケとまわりへの言いふらし頼みます〜切実〜〜…


- comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








倫理単行本出るんですね!おめでとうございます〜!めっちゃ楽しみにしてたので嬉しいです!
今月号は仕事終わったら買って帰ります!今月もアンケートと手紙書きますね^^
from. non | 2017/08/23 13:43 |
GJP買いました。表紙が昔、弟と読んでた少年ジャンプみたいでテンションあがりました。
キャラそのままでセリフに今の言葉とか時事的なの入ってて笑いました。ぬ〜べ〜はエロ増し増しで(方向性は変わってない)個人的にはモモタロウのもんがーダンスが見れて嬉しかったです。
徳弘先生のや、眠狂四郎読んで、やっぱり大江戸雪シマキ読みたいなあと思ってします。
倫理は雨瀬先生、今回はライトな感じと仰ってましたが高柳先生のミステリアスな色気が際立ってました。今回の生徒はヤンキー君だけど、やっぱり可愛い子でした。高柳先生の静かな、でも強いオーラがそうさせてしまうのではと思ってます。
倫理も単行本出るとのことで次号とともに楽しみにしてます。

from. はまい | 2017/08/23 21:50 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amejio.jugem.jp/trackback/162
<< NEW | TOP | OLD>>