ここは今から倫理です。第11話


本日発売のグランドジャンプpremium7月号にて『ここは今から倫理です。』第11話掲載されております〜!

先週2巻が発売されたばかりですが、なんとその2巻の続きがここで読めます!
たぶん3巻が出るとしたら来年になってしまうので、それまで待てないよ!て方はぜひぜひ買ってくださお〜

倫理では初めての続きものでした
結構倫理とか哲学のなかでは重要な位置にある気がする「善と悪」についてガッツリ描きたいと思いまして
わたしは性善説が正しいか、性悪説が正しいかをずっと考えていて、一時期いろんな人にどっち派?と訊いて回っていたのですが
どちらかというと性善説のほうが多かった気がします。人間は元来「善」である派
そしてたかやなもどちらかと言うと性善説を説くほうで(教師としての立場も踏まえて、というのもある)

でもわたし自身はどちらかといえば正しいのは性悪説なんじゃないか?と思うことが最近は特に多くて
そっちの意見も描きたいなあとおもった 性善説は1巻で描いたから次は性悪説描きたかった
ブラックジャックに対するキリコみたいのが欲しかった
なーと思って描いたのが今回の話です
どっちが正義かはまだわたしは決めかねている どっちなんだろうなあ性善か性悪か みなさんはどっちでしょう


ちなみにジュダさんはパルプ・フィクションのあいつをモデルにした 好きなんですああいうキャラ:-)




今回はほとんど描いたことない先生の表情描かなくちゃいけなくて難しくて大変でした

よろしくおねがいします!!!




よろしくおねがいしますと言えば、

次にくるマンガ大賞にノミネートされました!!


https://tsugimanga.jp/


↑のコミックス部門てとこで投票できます!

もうノミネートされただけで充〜〜分嬉しいのですが。。 もし上位になったらいっぱい単行本買ってもらえてわたしが美味しいお寿司屋さんに行けるかもしれない…
なのでぜひ!よろしくお願いします!

最近PIXIV ファンボックスなるもんが出来たそうで 投げ銭的なかんじが出来ると聞いて
ちょっといいな〜投げ銭でなめたけとか買えたら嬉しいな…て思ったけどなめたけ今のとこ自分の金で買えるからいいや…ってなってる

漫画買ってもらえるだけで嬉しいです あとは命がけでの布教をよろしくお願いします
あとはわたしの欲する小筆軟筆(すでに廃盤になってる昔の筆ペン)をくれ




−−−−



そいえば倫理2巻についてた付箋の件ですが、ばらまいてるのが300店舗くらいになるらしいので確認とかするの大変すぎるから無理って言われてトボトボ帰ってきました…
ここにきたコメントで唯一知れたのは「つたや書店にはわりとある」ということだけでした

そんな感じ…もし見かけたらぜひぜひお手に取ってくださいな〜
担当からスンマヘン…て電話来てまあそうだよな…てちょっと思ったのが
「グランドジャンプの読者って基本おじさん多めなのであんまりグッズとかオマケみたいなのに強く反応する人いなくて…」
てことでした まあ…そう言われてみればそうやな…てなりました

そいえばAO!!も昔はキャラ宛の誕プレ届いたときモーニング編集部は基本そういうの届かないからザワッ…てなったって言ってたしな モーニングも基本おじさん読者多めだったみたいなので
少し騒いだこと反省しました


つぎもしまた同じような企画あったときには公式のついったーとかで情報流しますよ…とのことでした
見つけたらラッキーくらいなもんでよろしくお願いします;-)




−−−−




あとはー
ファンの方から誕プレたくさん届きました!本当に本当〜〜にありがとうございます!!
お手紙もいつもありがたくありがたく読んでおります また小筆軟筆見つけてもらえた…!嬉しい…!!
お菓子とかもムシャムシャさせていただきますよ 嬉しいな〜

ブログのコメントでもおめでとうありがとうございます!
残念ながらツイッターはやりませーん 昔やってたけどもう懲りた!

毎月雑誌とか単行本発売するときにブログ更新に来ますので時々覗きにきてくださいね〜〜




job comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんは。GJP買って読みましたー!ジェダさんと高柳先生が対峙するトコ『ヤバイ。めちゃめちゃ良い。面白いぞー!!』となりました。
高柳先生にとっては許してはいけない悪のジュダさん。ジュダさんにとっては自分に残る僅かな善を呼び起こす高柳先生。ジュダさん、正しいことを嫌いながらも善にすがりたい。自分の中の善を消したくないと思っているような気がしました。
あと、高柳先生の表情が凄い魅力的でした。
AO‼101話は御幸と佑李の因縁が気になって仕方ないです。一体どんな因縁が?早く続きが読みたいです。
from. はまい | 2018/06/28 00:58 |
いつもAOと倫理を楽しく拝見しています
今はお仕事がかなりお忙しそうなので難しいとは思いますが、FANBOXとか将来的に始めていただけるとファンとしては嬉しいです
単行本や雑誌は勿論買っていますが、それだけでは足りないのでこんな素敵な作品とキャラを生み出してくださった事に感謝の投げ銭をしたいです・・・!それで単行本のラフ絵とか拝見できたら死ぬほど嬉しいです・・・!
from. OKI | 2018/06/28 10:05 |
今回の倫理はなんとか見せてもらいました\(^-^)/
高柳先生は過去に救えなかった女子生徒のことを今でも悔いているようでしたが、ジュダさんは全く違う考えしているようですね。
ジュダさん視点だと、女子生徒はみんなのいる(闇の世界ではない)世界に居ることが苦しみであったと。でもダークサイドな世界に落ちてからは逆に苦しまなくなって、自分の生きる世界を一瞬見つけられたような感じだったと。
この話からいろいろ考えさせられました。
一般的に良いと思われる方法で救われる人もいれば、逆に悪いと思われる事で救われる人もいるなと感じました。
便宜上、高柳先生が引き戻そうとしている世界が善(白)で、ジュダさんが引きずり込もうとしている世界が悪(黒)のように書かれていますが、
女子生徒のから見ると黒の世界が自分に馴染む世界だったのかもしれません。
必ずしも悪=あってはならないもの、善=全てにおいて良いものではないんだと知りました。
よく「あの人とは住む世界が違う」という言葉がありますが、女子生徒の住んでいる世界は、高柳先生の住む世界とも、ジュダさんの住む世界とも違ったのかなとおもいました。
たまたま今回は違っただけで、必ず自分にふさわしい世界は見つかるとおもいます。これは現実の人間世界にも当てはまります。
中学時代にギャルっぽい子がいてほとんど学校に来ず、来ても先生と言い会いになってすぐ帰っていくような子でした。
仕事でたまたまその子の家を通ったときに、その子がOLっぽい服装で車から降りてくるところをチラッとみたことがあります。
みんな荒れてる時期があっても、最後はちゃんと落ち着くところに落ちつけるのかな・・・とも。
それまでに紆余曲折があって、あっちにぶつかりこっちにぶつかりを繰り返したことは想像に難くありませんが(汗)
だからいろんなことに迷ったり、ぶつかったり、後悔することは、悪いことなんかじゃないと思うです。
正解なんて無理して求めなくていいんです。
物語の中で女子生徒はその後どうなったのかわかりませんが、自分に合った世界を見つけていてほしいです。
from. ひろ | 2018/07/04 21:37 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amejio.jugem.jp/trackback/181
<< NEW | TOP | OLD>>