最近のいろいろ
ALL OUT!!キャラ宛に誕プレ頂きました!



いつもブログにコメントくれる方だ!
サチさん届きました!ありがとうございます!アメリカの香りがしました!うれしい!



++++



今月がべらぼうに忙しくて、相当仕事が遅れていて精神的にだいぶ削れてきました…
先月からずっと気乗りしなくてAO!!の筆の進みがイマイチだったり、そもそも作画が地獄だったり、(書き込み的な意味で)(もうすぐ発売のモーツーをお楽しみに)
AO!!6巻の単行本作業と雪シマ原稿と、
そしてわずかに残った時間を大嫌いな確定申告の計算で失うという なんかもう地獄絵図

「なぜ2月は28日までしかなかったのか…」とカレンダーを睨む日々;-)
結局いろんなものがギリギリでなんとかひと区切りがつきました そして間髪いれず来月分の仕事です うう でも睡眠はそこそことってる
ほんとは10時間寝たいけど最近は6時間でヨボヨボ稼動してます 全然足りない… よく寝るねキミは…



++++



ひとつき前、たくさん頂いたバレンタインデー差し入れの中に、何故かジャズのDVDがありました。
お手紙に、「このDVDの中に映っている歌手の表情がすごくいいので雨瀬さんにぜひ!」と添えてあり、
なんとご自分のコレクションを送ってくださいました!
こりゃ嬉しいと思ってやっと仕事も一区切りついたし観ましたよ〜


Sound of Jazz [DVD] [Import]


観た結果だけ先に言うと、泣きました;-)
いやほんとなんでかわかんないけど泣きました!
お手紙にはこの歌手、ビリー・ホリデイと演奏してるレスター・ヤングの簡単な関係が書かれてて
本人たちの詳細はウィキに!とあったのでウィキ読みつつDVD観つつ聴きつつだったんですが、
ほんっとうにビリーがいい〜〜表情で歌うんだこれが… 感情は瞳があれば語れるんだなあとしみじみ。。
1957年の映像って事で、相当画質は悪いのにビシビシきました

それでも、二人のこと全然知らなかったし、二人の関係もほぼ把握してないしで、それなのになんでか泣けたのが自分でも謎すぎた
これは何度か観て、もうちょっと噛み砕こうと思いますX-) すっっごくよかったです!

そして何より、ジャズっていいなあ〜って!単純魔王だ!
1時間くらいのDVD、ずっと演奏してるみなさんの映像が映ってるんだけど
改めて、こんなに演奏してる人たちが 楽しそうに嬉しそうに愛しそうにしてる音楽って日本じゃ無いよなって しかもあんまり映像で観たことなかったな〜って
ドラムの人とかず〜っとニコニコしながら、一緒に演奏してるみんなを嬉しそう〜にぐるぐる見回しながら演奏してるんですね お互いに顔見合わせてニッコニコして 
ふざけあってるように、笑ってふらふらしながらよそ見しながら、ジャズってゆー素人にはわけのわからないすごい音楽作ってるかんじ すごいなー!!て思いました!なんだこの感想!笑

ただでさえ表情や感情や表現力豊かな黒人さんがね わたしはすごくすっごく好きなので、なんだか幸せな気持ちになりました
わたしはある意味、同業者とか絵を描く人間に対しては、すごいなうまいなとは思うけど「尊敬」ってのはそこまで無いんですが、
音楽が出来る人に関してはそれがどんなに単純なものでも、ちょろっとギター弾けるってだけでも大尊敬してしまいます
音楽っていいですね ジャズを愛してやまないであろう人たちの瞳が映る映像を観てそんなことを思いましたとさ!
まとめ方!



そんなに関係ないけど、そういえば中学のときの美術の先生がジャズ好きで、ずっと美術準備室にこもってジャズ流してたなあ
今は美術館の館長やってる人で、
当時準備室はおびただしい美術作品や資料や画材その他もろもろでとんでもないゴッチャゴチャのカオス空間の中
よれっよれの白髪おじさん先生が濃そう〜なコーヒーすすりながらジャズ聴いてたのを思い出しました
「これジャズ?」て聞いたら「おお!よく知ってるな!」とすごく嬉しそうにしてたのを覚えている
でもそれがちょっと美術家っぽくてかっこよくも見えていたな!ほんとによれよれのだらしない先生だったけどな!

これからもちょっとジャズ聴いてみようかな〜 コーヒーはちょっと苦手だからほうじ茶飲みながら!

ほんとに送ってくださった方ありがとうございました!
「雨瀬さんこーゆうの好きそう!」てお気に入りを送ってくださったことがほんとに嬉しすぎました
ほかの方にも、「雨瀬さん好きそう!」て『悪童日記』をオススメされました そうだ!本屋さん行かねば!買わねば!

なんかいろいろなわたしの趣味が色んな人にバレてる気がするぞ…



++++



音楽つながりで言うと、能を観るようになったのでそこから派生して最近長唄を聴きに行ってみたいです笑
能の後ろに流れてるイヨーッポン!みたいなやつも、よくよく聴くとちゃんとミュージックなんだよなあっていうのを
能を舞台で観るようになってから思いました。
歌舞伎は演劇で、能はミュージカルなんだなあ〜って
七五調の歌詞(?)も読んでて日本語が美しくてうっとりします 曲に乗せなくても、ただ普通に音読するだけで歌みたいになるのがすごいなあと思いました 
なんで今日こんな小学生の感想文みたいな文章になるんだろう…;-)



++++



今流行りのココナッツオイルを買ってみました!
食べ物に入れるのはもちろん、髪や肌につけてもいいんだとか。
そんなの聞いてたので、とりあえず指先や手の甲に塗りこんで、熱い紅茶に混ぜてみて、お昼ご飯の味噌汁に入れて、


気持ち悪くなった!

調子乗りすぎました
ほどほどにセーブしながらちょこちょこ使ってこうと思いますX-)



++++



最近、毎週水曜?木曜夜にNHKでやってる「100分de名著」って番組にハマってます。
こないだまでやってた『フランケンシュタイン』の回がまあよくって、内容を解説する番組なのに泣いてしまいました笑
そして即本屋さんに行って買ってきましたよ…こうしてまた未読の本の山が…
多分今やってる『アンネの日記』もおんもしろいのでそのうち買いに行くと思います

過去解説してた本もあんまりにも全部面白そうで、思わずNHKオンデマンドに登録してしまいそうだよボカァ…
『風姿花伝』が観たすぎる



あとはなもゆね、ちゃんと観てますよ。最近ちょっとずつ溜まるようになってきたけど…
わたしが吉田松陰に落ちるきっかけになった「諸君、狂いたまえ」が聞けてオワー!!てなりました でも演出もうちょっと派手にしてくれてもよかったと思うよ!!
このシーンだけ2ページ漫画にして描こうかな てくらいは好きです 
でもこのペースでいくと、持って6月か7月には松蔭死ぬと思うんだけどどうだろうか
とにかく今後の展開が楽しみです 今のところ面白いかって言われたら 普通です…………


diary - trackbacks(0)
バレンタイン!



バレンタインありがとうございました!!!!


去年もでしたが、バレンタインにキャラ宛のチョコたくさん貰いました、もちろんわたし宛も。
本当にありがとうございます!しかも、全校の生徒が揃ったのでンワ〜〜嬉しい〜〜っ

でもちょっと思ったのは
相模の堀川宛に3個来たのはなんで?
花ちゃんより多いんだけどなんで????

え…あいつえつごに嫌がらせしかしてない………
でもチョコについてたファンレターには「ホントに性格悪そうなとこが好きです」と書かれてたので
そこなんだね!よかったです!
コアなところに行って貰えると ああーすみずみまで見てもらえてるんだなあと嬉しくなります
ありがとう!






……………ていう記事をモーツー発売日の日記に、ついでに書くつもりでした
この絵描いたのも忘れてたよ
時間差ですけどお礼申し上げます

(チョコ貰った子全員描いたつもりだけど、描き忘れいたらごめんなさ…)








35,36話の完成原稿が公式サイトで読めるようになりました



http://morning.moae.jp/news/1949






突貫工事感はんぱないですけどとりあえず即効あげてもらえたのでよかったです
次のモーツー発売日まで?読めるようです
気になる方は是非読んでみてね

でもホントに評価に怯えつつも、今まで好きだって言ってくれてた人に嫌われるかも…ともんもん思いつつも
覚悟を決めてエイヤ!と描いた話なので
こんなおおごとにされずに 続きを楽しみにしてた人にひっそりと読んで貰って しっとりと考えてほしかったな





ふう…




なんか全然ブログのコメントとか見てなかったのですが、書き込んでくれた方ありがとうございます!

サチさん 慰めのお言葉ありがとうございます あともし東京にいらっしゃいましたらゾルゲ勉強会開かしてくださいとてもとてもお話したいです連絡待ってます!(興奮
はまさん 萩出身めっちゃめちあうらやましいです 松陰先生と晋作くんバスありがたかったです はなもゆいきなり盛り上がる展開になってきましたねこれから楽しみです!



diary - trackbacks(0)
_




本をどっさり買いました ほんとどっさり
すべてリヒャルト・ゾルゲと尾崎秀実関連 べつに資料とかでなく個人的に好きだからです

第二次世界大戦関連の勉強は昔から好きでずーーっと続けてますが、
ほんの少し主観を変えるだけ、ドイツ、イタリア、アメリカ、ソ連、日本もろもろと目線変えるだけで
各国、各年代、兵隊なのか幹部なのか首脳なのか戦略なのか陰謀なのか兵器なのか戦争論なのか思想なのか
すべてのジャンルに枝分かれした膨大な資料があるので、たぶんあれもこれもってやってたらまじで一生かかっても勉強しきれないので
しばらくはなかでもとりわけ好きなゾルゲ事件に関することを勉強しよう!とおもいました!
で、これです!

こないだチャンネルネコで尾崎の話をもとにした『愛はふる星のかなたに』やってて、だいぶ嬉しくて、なんか衝動的に…

尾崎とゾルゲは毎年命日にお墓参り行くくらいは好きです



++




すんごいいまさらブクログはじめましたX-)
http://booklog.jp/users/byousin
とりあえず、漫画以外の本と映画をぽいぽい入れてこうと思います
貧乏人だもので、結構図書館で読んじゃうので持ってる本ホント少ない…
買ったけど読んでない、観てないやつははぶいてます 積読めっちゃ多いです…映画も…
室生犀星の『信濃の歌』が見つからない

で、こうやってずらっと好きなもの並べてみて、うわあーこいつ近づきたくねえ〜って我ながら思いました笑
映画は基本本屋さんに売ってる500円弱のやつを買うのでラインナップがこうなる 白黒映画が大好きです

なんてゆか「古きよきを知りたい」欲だけは人一倍あります
「タイトルだけは聞いたことある」をなるべく消したいみたいな





++




名画座に行ったりしました
安くて、何本も観れて 楽しいです 
都内の名画座はどんどん減ってるらしいので、なくならないうちにあちこち行きたいな〜 今度キューブリック特集が池袋でやるぞ〜いきて〜
あと永遠の0 DVD買ったけど あれはもう一度スクリーンで観たいんだ…

diary - trackbacks(0)
2014



ことしもあざっしたあんど来年もよろしく




2014は泣いてばっかの年でした
来年は楽しく過ごせるといいな


diary - trackbacks(0)
和歌山の旅
旅好きの友人に誘われ突然一泊二日で和歌山行って来ました











これ昨日の昼間の写真ね


こんな事になってるの知らなかったのでとんでもなかったです
世界遺産、高野山は金剛峰寺







おとといの熊野古道です
おとといの昼間です
人生初の世界遺産、本当に本当に凄かったです





でもやっぱ寒かった〜





那智の滝です
写真の5000倍は凄かったです
「なんでこんなスゲーの マジわけわかんねえ」て終始キレてた





でもちょっと熊野古道あんなバケモノみたいな石段続きだと思わなくて、
もっとゆるやかお散歩コース想像してたので引きこもり漫画描きは途中からずっとのどから血の味がしていました
景色はほんとすごかった





ごはん美味しかったな〜
うまく撮れなかったので写真なし 梅酒も美味しかったです








そして昨日 高野山 まさかの大雪





ほんと信じられないくらい降ってました
ドンキーコングの雪面の中盤くらい降ってた

和歌山の天気調べたら晴れ時々曇って出てたのにさあ〜!!!
山の天気が変わりやすいとは言うけどもよ!!電車で30分ちょい行っただけでこんな大雪になってるなんて思わないじゃない!

こんな事になってるなんて露ほども想定してなかったらお気楽なカッコで行ったら雄大な自然にボコ殴りにされて、文字通りボロボロになりながら大伽藍や金剛峰寺を雪に足をとられながら走り回って
泣きながら昨日の夜中にヘットヘトで東京帰って来ました



旅行は戦争ですね…
途中、足のよくわからん箇所がつりそうになりながら足引きずって走ったもんね
だってそれでも走らないと電車に乗り遅れたらホテルに帰れないからね…
電車が駅に着いた10分後にバスが出るとか全部の乗り継ぎが終始そんな感じでした

めっちゃ楽しかったし凄かったです





東京に帰ってきた今見返してもこれが昨日のことなのよくわかんない 降りすぎ


diary - trackbacks(0)
伝統芸能



今年はすっかり伝統芸能にハマったまま終わってしまいそうです

思えば4月なかばに話のひとネタにでもなれば、というきっかけでなんとなく歌舞伎座に足を運んだのが始まり
ホントにそれだけ、6月から雪シマキも始まるし、ちょっと和っぽい空気でも吸ってみるかって感じで。

そこからズブズブ、この半年間毎月能か歌舞伎どちらかまたはどっちも必ず観に行っています。
8月なんか、朝から晩まで一日中歌舞伎座に居座って6演目ぶっ続けで観たりもしました 江戸時代のようだね
能も、わたしが観に行ったやつはだいたい5時間か6時間は座りっぱなし。1演目が長い。
歌舞伎は一人で観る事も多いけど誘ったら来てくれる人結構いて、(57年間歌舞伎に興味なかった父親も連れてったらハマりました)
能は完全に一人でしか行かないです笑
まわりお年寄りばっかり!
ラグビー観戦もしょっちゅう一人で行ってたのでもう慣れた。。




やっぱこういう和っぽいもの、日本ぽいもの好きなんだろうナ〜
今月も友人からチケットを譲っていただいたので行こうかと









フライヤーがかっちょいいので飾ろう!とおもったら先客がとてもピッタリな感じだったのでパシャ





このAO!!の扉絵も、実は能舞台を意識して描いたやつです ピッタリなわけだ
でもこれ描いたころ(2月?)は本物の能を観たことなかったので、いまあの空気をわかったうえで描いたらちょっとは違ったりするのだろうか


能を観に行ったってことを人に言うと、「能面は角度によって表情が変わるんだよね?凄いよねえ」とわりとどやっと言われることあるんだけど
あれホント、ホント知識だけじゃなくて本物観たことないなら観てくれってすごいおもう
それもなるべく舞台に近い席で
その情報自体はテレビや書籍でいくらでも小耳に挟まってくるし、なんならテレビで能面手に持って角度を変えてみせたりなんかもしてるとおもうけど
マジモン観たとき「……ナメてた……」って絶対思うよ
わたしはおもった、ホントにおもった
月並みなようだけど能はその場の空気を吸わないと、目の前で動いてるの観ないと対峙しないとあの凄さわかんないとおもいます
凄いよねえ なんてもんじゃなかったよ、怖くておしっこちびりかけた(成人)

でもとりあえず眠気やばいから観る前はメガシャキ必須

気付いたんだけど、能に出てくる人たちのセリフの言い方は「ねんねんころりよおころりよ〜」の子守唄とメロディ、スピードがそっくりです
うす暗い能舞台を眺めながら子守唄を延々1時間座ったまま聴かされはするので、そりゃメガシャキとギガシャキ連続投入しても寝るよね……:-)

でもでも初心者向きの派手な演目とかもいっぱいあるので観た事ない人ぜったい一度は観てほしいな!ておもいました

ちゃんちゃんそれだけ

それだけが長いな!



diary - trackbacks(0)
陸軍登戸研究所
オタクな感じの友人たちは、みんなでナンジャタウンにいったり、明日春コミだったりするようですね
楽しそうです
そして人も多くて大変そう





そんな中わたしは一人ポレポレ東中野にて本日より上映開始の『陸軍登戸研究所』を観てきました
劇場スッカスカだった笑
上映初日という事で、上映後に監督のトークがあったり

映画の内容はドキュメンタリーなのですがとにかくとにっかく素晴らしいものでした
監督のトーク聞いてる時もう地べたにひれ伏したくなった。

ずっと思ってきていることですが、わたしはなんというか生涯を通して第二次世界大戦の事を学びたいです
思えば最初に第二次世界大戦に魅入られたのは小学生の頃、まだ短いとはいえどわたしは人生の半分を戦争ものに魅入られ続けています
きっかけは夏に毎年やってる特攻隊の番組だったかな
特攻隊の衝撃的な存在に一気にやられました どのくらい頭やられたかというと、小学6年生の時まんがクラブに入ってたんですが
卒業前最後に制作した漫画が特攻隊ものでした ギャグだったけど(特攻隊ネタをギャグにするところもまた違う意味でわたしは頭をやられていました)
高校の卒業制作絵も戦争、専門の卒業制作作品も戦争でした

あまりに好きすぎるし、しかもわたしは高校の歴史の先生に「きみは左翼だね」と言われるほど戦争に関してはちょっといろいろ考えが偏った方に凝り固まってしまっているのできっとこれを仕事に使えることはないけど
でもちょっと今回の『陸軍登戸研究所』はその凝り固まった考えがだいぶほぐされた映画でした
トークも含め、目からウロコがポロポロ落ちまくった
ああもっともっと勉強したい、これほどまでに勉強したくて仕方がないっていうのは今のところこれだけです

でもこれ上映時間が3時間もあったのでよっっぽどじゃないと絶対見れないと思います
でもよっっぽどの人は見たほうがいいと思います
これ、多分DVD買っちゃうなあ。DVDの方はノーカットで4時間あるらしいのでかなり気合い入れなきゃっぽいけども


あああよかった
ほんとによかった 大好きなものの、視野の広がる気持ちよさがたまらんです


diary - trackbacks(0)
hagi



2月25日から3日間、山口県の萩に行ってました



以下写真ちょこちょこっと


続きを読む >>
diary - trackbacks(0)
-
サイトをちょろっといじったりしました
diary - trackbacks(0)
タイワンミー


台湾行ってきました



お供は友人と、
旅行前日にうちに届いたオリンパスのデジタル一眼

続きを読む >>
diary - trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>